食べながらダイエット!?

更新日:2020年6月9日

こんにちは。トレーナーのAIです。

皆さんは、食事をするときもエネルギーを消費するって事をご存知ですか?!


食事をするときは、エネルギーを溜め込むだけじゃないんです!


それを聞くとちょっと嬉しいですよね。


どういう事かと言いますと

まず、噛む動作にエネルギーを使う事と

食べたものを消化・吸収する作業にもエネルギーを使う事

この2点があげられます。


噛むと、自律神経の「交感神経」が優位になります。

「交感神経」が優位になると、アドレナリンというホルモンが分泌されます。

このホルモンは「褐色脂肪細胞」という脂肪を燃焼する働きがある

脂肪細胞に働きかけるため、エネルギー消費量が高まるわけです。


そして

食べたものを消化・吸収するにもエネルギーが必要です。


特にたんぱく質(例:肉・魚・卵など…)を消化・吸収する時が

一番エネルギーを使います。


なぜなら、たんぱく質はとても複雑な構造をしているため

消化・吸収するのに労力が必要になるからです!!


ちなみに

タンパク質、糖質、脂質の順番にエネルギー消費量は少なくなります。

(タンパク質は、摂取した食事のエネルギー量の約30%、、糖質は6%、脂質は4%といった割合でカロリー消費をするといわれています。)


ということは、

タンパク質の多い食事を、よく噛んで食べることで

太りにくくなるわけですね。


もちろん総カロリーが高すぎてしまえば

太ってしまうでしょうが…。



脂質の多い菓子パンだけ、とか

食事の代わりにジュースだけ

という事が多い方は、食事内容を見直してみてくださいね。




最新記事

すべて表示