top of page

寝不足は糖尿病のもと!!?


トレーナーのAIです。


最近は忙しく、つい寝るのが遅くなり

寝不足が続いております。。。

やはり寝不足はすべてのパフォーマンスを落としますので

しっかり自分の身体が必要な時間、睡眠をとりたいですね。


ところで、そんな寝不足ですが・・・


寝不足が続くと

自律神経のバランスが乱れ

糖尿病のリスクを高める恐れが…!!



どういうことかと言いますと


寝る時間が少なくなると

日中の活動時に優位になる交感神経と

寝ている時に優位になる副交感神経、

これら二つの自律神経のバランスが狂います。


睡眠時間が少なることで、副交感神経が優位になる時間が減り

交感神経ばっかりが優位になり

カラダは「ガンガン動くぜー!」と勘違いをして

血糖値もガンガンアップ!!の状態が続いてしまいます。


実際はそんなに身体を動かしてなくてもです・・・


そして、高血糖の状態が続くことで

糖尿病になってしまうという事です。


もちろん、筋肉を動かすためには

血糖値を上げたいところですが

寝不足でデスクワークばっかりの生活ですと・・・

考えただけでも恐ろしいですね。



どうしても、寝る時間が少なくなってしまう場合は

ストレッチや深呼吸など

副交感神経を優位にさせるようなリラックスタイムを

もうけてくださいね。



最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page