ダイエットと睡眠の関係

更新日:2020年6月9日

こんにちは。

トレーナーのAIです!


今回のテーマは、ダイエットと睡眠の関係です。


睡眠不足は、太りやすくなるってご存知でしたか?


私もたまに忙しい時期ですと、睡眠不足が続くことがありますが

そうすると、日中に無性に何か食べたくなったりもします。


それもそのはず。


睡眠の時間が少ないと

食欲を促すホルモン「グレリン」の分泌量が多くなり

逆に

食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌量が減ってしまうのです。


更には、糖や脂質の代謝を促す「成長ホルモン」の分泌量は減ってしまいます。


そして、睡眠不足だと眠気などの問題により、活動量も低下します。


それらが合わさることで、太りやすくなるわけです。



また「成長ホルモン」の役割は、たんぱく質の合成を促進するという事もありますので

トレーニングをしている方は

なおさらシッカリと睡眠をととることをおすすめします。


ちなみに、休日の寝だめもあまり良くないそうですので

日頃から、規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。


また、就寝時間直前にお酒を飲むと

睡眠中、肝臓がアルコールを分解することにエネルギーを使うため

睡眠の質も低下してしまいます。


おすすめは、寝る前に湯船につかる事です。

あまり熱すぎると逆効果ですので

40℃くらいを目安に

そして、お風呂から出て30分後くらいのタイミングで

ベッドに入ると良いですよ。


是非お試しください。



#睡眠 #睡眠とダイエットの関係 #寝不足はデブの元 #ダイエット #成長ホルモン #レプチン #グレリン #ホルモン #脳下垂体 #規則正しい生活

最新記事

すべて表示